『ビットコイン解説本』著者が説明する仮想通貨ビットコイン再入門

コインチェック事件で、『仮想通貨取引所って儲かるのか!』って思ったあなたは、正しい!

コインチェックの事件を見ていて、560億円分のNEM(ネム)が盗まれ、その返金を日本円で460億円を返金する方針という発表を見て、驚いた人も少なくないでしょう。

560億円分が盗まれたってのも、すごいことですが、それを自己資金で460億円とはいえ、日本円で返金するってことは、それだけの資産があるということですよね。

今すぐとは言わなくても、キャッシュフローとしても、それだけが返していけるってことですから、それだけ稼げるのが仮想通貨取引所です。

事実、コインチェックの取引量は莫大なので、その手数料だけでも余裕で460億円を上回ります。

ちなみに、こんな計算をしている人もいます。

 

 

これを見ると、余裕で返せそうですよね?w

でもって、実は、めちゃくちゃ儲かっているとう話もあります。

というのは、コインチェックで盗まれたNEMを追いかけている人たちがいますが、その情報によると、コインチェックってNEMの口座は一つしかありません。

26万人の被害者がいるにも関わらず、NEMの口座は一つなのです。

これの意味するところは・・・

コインチェックに預けている人は、各自の口座にNEMが振り分けられていると思っていますが・・・

 

この図のように、実は、コインチェックの1つの財布に、全部のNEMが入っていることになります。

だから、ごっそりと持っていかれたってのもあります。

で、ポイントは、そこではなく、コインチェックのユーザ同士でNEMの売買をやっている場合には、実際はNEMが動くことがなく、ただ、帳簿上の記録が書き換わっているだけで、NEは動いていないことに。

まあ、でも、これ、銀行のお金でも同じですけどねw

 

銀行って、別に、個々の人の財布があるわけじゃなく、一つの金庫にお金が入っているだけですからねw

そう考えると、NEMを移動するための手数料は、内部では払っていないのです(お?w)。

 

これは、コインチェックだけじゃないと思いますよ。

そう考えれば、仮想通貨の取引所って、めっちゃ儲かるのでは???って思いますよね。というより儲かります!!

ただし!!!

セキュリティの問題とか、サーバのパフォーマンスを、しっかりコントロールしないと、すぐ落ちちゃって、不平不満が出てきますし、そもそも、金融庁の登録審査があります。

とはいえ、証券会社とか銀行、クレジットカード会社よりも、遥かに簡単ですw だから、こんなにベンチャーばかりが、仮想通貨取引所をやってるのですからねw

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本の取引所はすべて登録してますか?

日本の仮想通貨取引所で、金融庁に正式に登録されたところは、すべて口座を作っておきましょう。

急激に人気が出てきているので、だんだん手続きに時間がかかるようになってきていることや、急騰や暴落で取引が急増すると、取引できなくなることもあるので、リスクヘッジとして、持っておくことが重要です。

現状の日本の取引所一覧はここをクリック!

2018年が爆上げの限度?

2018年、仮想通貨が爆上げするのは最後になるかも。
だからこそ、情報の差がすべて。
それを全て調べるなんて不可能です。

それを、何を選ぶか、どうトレードするのか、完全自動で任せておくという方法もあります。
そんな方法で増やしたいなら、ここをクリック