『ビットコイン解説本』著者が説明する仮想通貨ビットコイン再入門

手軽なコールドウォレットの作り方。そう、ペーパーウォレットは誰でも作れます

コインチェックのトラブルでコールドウォレットに注目されていますが、USBのハードウォレットなんて買う必要ないですよ!!w

 

だって、ペーパーウォレットで十分ですし、ペーパーウォレットなら、誰でも簡単に作ることができます。

そもそも、USBのハードウォレットが品薄で、ヤフオクとかで、中古とか買うとヤバいかもね。

ハードウォレットの操作が分かっていないと、元々使っていた人の口座に振り込んでしまうことになる可能性があります。

 

そもそも、仮想通貨のウォレットって、どうなっているのか?というと、口座にあたるアドレスと、出金のときに必要なパスワードに相当する秘密鍵があります。

秘密鍵をしらなければ、仮想通貨を動かすことができません。

 

「え? だって、取引所に入れてる仮想通貨を他のところに送金できるけど、秘密鍵なんて入力したことないよ??」

 

はい。その通り!

なぜ、そんなことができるのかというと、秘密鍵は取引所のサーバにもあるから。

そして、取引所が秘密鍵を知っているから、ログインして、操作すると、それに従って、送金しているわけです(だから、その時に手数料がとられる)。

 

これ、フィアットの銀行と同じです。

銀行の場合は秘密鍵なんて、ないですが、あなたが振込をすれば、それに従って、お金を動かしているのですから、取引所と全く同じ。

コインチェックの事件は、乱暴に言えば、サーバに管理者としてログインして、勝手に送金しちゃったってことです。

 

ニュースでは、コールドウォレットを使っていなかったから、ごっそりとNEMを持っていかれたって言われてますが、これって、どういう意味でしょうか?

 

リアルな銀行で考えてみると、窓口に置いておく現金と、金庫の中に入れている現金の違いで考えると分かりやすいと思います。

窓口に置いている現金は、銀行強盗が入ると、「アリ金をすべてカバンに入れろ!」って言われて、カバンに詰め込むお金で、すぐに盗まれます。

これに対して、金庫に入れた現金は、

「金庫を開けろ!」

「支店長でないと、開けられません」

ってことで、すぐに盗まれることにはなりません。

仮想通貨もこれと同じように、ホットウォレットというインターネットにつながったままの状態の財布は、すぐに盗まれます。

その一方、インターネットから切り離されたコールドウォレットになると、金庫に入れているようなものなので、そう簡単には盗まれません。

このコールドウォレットの代表が、ハードウォレットとペーパーウォレットです。

 

ハードウォレット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料!KeepKey ビットコインハードウェアウォレット
価格:39800円(税込、送料無料) (2018/1/30時点)

 

これ、かっこいいですが、めっちゃ高いですよね。

そりゃ、中に入れた秘密鍵のデータが壊れたら、どうにもならないですから、しっかりと作っているので高いっすよ。

それと、先に書いたように、中古では、前の人の口座内容がそのままになっていて、何も考えずに、仮想通貨を移動してしまうと、そのまま他人の口座に入金してしまうことになります!!

この辺のことを、しっかり分かっておかないとね。

 

ぺーパーウォレット

これは、もう、簡単! プリンターで印刷したら、出来上がり。

そこに記載されたアドレスに送金すれば、このペーパーウォレットにお金が入ります。

チャージしたような状態です。

ペーパーウォレットには、秘密鍵が印刷されているので、出金するときは、それを使います。

こうすれば、オフラインで切り離されているので、安全なのです。

試しに作ってみてはいかがですか?

【緊急資料】安全なペーパーワレットの作り方(PDFファイル)

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本の取引所はすべて登録してますか?

日本の仮想通貨取引所で、金融庁に正式に登録されたところは、すべて口座を作っておきましょう。

急激に人気が出てきているので、だんだん手続きに時間がかかるようになってきていることや、急騰や暴落で取引が急増すると、取引できなくなることもあるので、リスクヘッジとして、持っておくことが重要です。

現状の日本の取引所一覧はここをクリック!

2018年が爆上げの限度?

2018年、仮想通貨が爆上げするのは最後になるかも。
だからこそ、情報の差がすべて。
それを全て調べるなんて不可能です。

それを、何を選ぶか、どうトレードするのか、完全自動で任せておくという方法もあります。
そんな方法で増やしたいなら、ここをクリック