『ビットコイン解説本』著者が説明する仮想通貨ビットコイン再入門

取引所に高額を置いておくと危険?

マウントゴックス事件は、日本で大騒ぎになったことから、取引所って危ない?とか思っている人もいるでしょう。

ぶっちゃけ、正直な話、日本の登録された取引所は、銀行や証券会社より危険ですが、海外の取引所よりかは安全かなってところです。

なので、大きな金額を預けるのではなく、取引したい金額だけ入れておくってのがいいでしょう。

ガチホするのなら、取引所ではなく、ウォレット、それも、コールドウォレットやペーパーウォレットで保管しておくことがおすすめです。

 

仮想通貨の取引所って、まだまだベンチャー企業が運営してるところが多いので、どんどん利用者が増えているために、なかなかシステムが追い付いていません。

乱高下が激しいと、多くの人がアクセスするので、急激に遅くなったり、システムダウンすることもあります。

また、セキュリティに関しても、金融機関と比べると、まだまだ、そこまで人材的にもシステム的にも追い付いていません。

ただし、海外の取引所のように、どこの企業がやっているのか、あるいは、個人が運営してるのか分からないのとは違って、金融庁がチェックをして、登録しているところは、それなりの運営をしているので、日本の取引所の方が安心できます。

 

余談ですが、海外の取引所は、アカウントを開設して、少額の入出金をして安心していたら、出金制限がかかっていて、大きな金額は出金するのに、いろいろ手続きが必要ってのがあります。

これ、初心者は焦りますよね。しかも、手続きとか英語でやりとりとかなると、もうパニックですw

なので、慣れるまでは、いくら手数料が安いとか、扱っている仮想通貨の種類が多いからと使い始めると、思わぬ落とし穴に落ちることもありますので、注意してください。

 

ということで、取引所は、あくまでも取引するために必要な金額を入れておくところ。

決して、銀行ではないので、保全管理は、ローカルでコールドウォレットやペーパーウォレットにしましょうね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本の取引所はすべて登録してますか?

日本の仮想通貨取引所で、金融庁に正式に登録されたところは、すべて口座を作っておきましょう。

急激に人気が出てきているので、だんだん手続きに時間がかかるようになってきていることや、急騰や暴落で取引が急増すると、取引できなくなることもあるので、リスクヘッジとして、持っておくことが重要です。

現状の日本の取引所一覧はここをクリック!

2018年が爆上げの限度?

2018年、仮想通貨が爆上げするのは最後になるかも。
だからこそ、情報の差がすべて。
それを全て調べるなんて不可能です。

それを、何を選ぶか、どうトレードするのか、完全自動で任せておくという方法もあります。
そんな方法で増やしたいなら、ここをクリック