『ビットコイン解説本』著者が説明する仮想通貨ビットコイン再入門

取引所がいろいろあるけれど、どこを選べばいい? どれも同じ?

先に結論を言っておけば、実績や認定登録業者であること、そして、扱っている仮想通貨の種類から考えて、初心者は、bitflyerZaif(テックビューロ―)から始めるのがいいでしょう。

1か所だけだと、メンテナンスなどで取引でない!ってことになるので、2か所とも開設しておくことをお勧めします(口座を持つだけなら無料なのでご安心ください)。

暗号通貨の取引所は、日本国内だけでなく、世界中にあります。
そして、海外では、規制がない国もあるので、個人でも取引所を作ることができるので、これから、雨後の筍のように、うじゃうじゃ出てきます。

日本もそういう状態だったのですが、2017年4月の資金決済法の改正によって、金融庁に登録された業者に限定されることになりました。

なので、初心者は、日本の取引所から始めることをお勧めします。海外の取引所を、すすめている人たちもいますが、リスクは大きいことを理解しておいてください(突然、閉鎖されれても何もできないですから)。

さて、現在(2017年12月7日金融庁発表)は、登録された取引所は、下記の15社になっています。
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

 

株式会社マネーパートナーズ(サービスはまだ)

https://www.moneypartners.co.jp/
BTC(ビットコイン)

 

QUOINE株式会社

https://ja.quoinex.com/
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、QASH(キャッシュ)

 

株式会社bitFlyer

https://bitflyer.jp/
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、LTC(ライトコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、MONA(モナコイン)

 

ビットバンク株式会社

https://bitbank.cc/
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、MONA(モナコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)

 

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社

https://www.sbivc.co.jp/
BTC(ビットコイン)

 

GMOコイン株式会社

https://coin.z.com/
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)

 

ビットトレード株式会社

https://bittrade.co.jp/
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、MONA(モナコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)

 

BTCボックス株式会社

https://www.btcbox.co.jp/
BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)

 

株式会社ビットポイントジャパン

https://www.bitpoint.co.jp/
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)

 

DMMビットコイン(旧株式会社東京ビットコイン取引所)

https://tokyobtc.jp/
BTC(ビットコイン)

 

株式会社ビットアルゴ取引所東京(サービスはまだ)

https://arg-trade.com/
BTC(ビットコイン)

 

Bitgate(エフ・ティ・ティ株式会社)

https://www.bitgate.co.jp/
BTC(ビットコイン)

 

株式会社フィスコ仮想通貨取引所

https://fcce.jp/
BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、FSCC(フィスココイン)、NCXC(ネクスコイン)、CICC(カイカコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)

 

テックビューロ株式会社(サービス名はZaif)

https://zaif.jp/
BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XCP(カウンターパーティー)、ZAIF(ザイフ)、BCY(ビットクリスタル)、SJCX(ストレージコインエック
ス)、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)、FSCC(フィスココイン)、CICC(カイカコイン)、NCXC(ネクスコイン)、Zen(ゼン)、XEM(ゼム(ネム))、ETH(イーサリアム)、CMS(コムサ)

 

株式会社Xtheta(サービスはまだ)

https://xtheta.co/
BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、ETC(イーサリアムクラシック)、XEM(ネム)、MONA(モナコイン)、XCP(カウンターパーティー)

 

株式会社BITOCEAN

Mt.Gox債権者による操業。すべて英語で、ビットコインのみなので、登録する必要なし。

 

見ての通り、扱っている仮想通貨の種類が違います。

今、仮想通貨=ビットコインのように思っているかもしれませんが、アルトコインと呼ばれるビットコイン以外のものが多くあります。

また、ビットコインも分裂して、ビットコイン〇〇という名前で登場しています。

基本的にはビットコインの値段の上がり下がりに連動することが多いですが、それ以外の要因で、アルトコインが上下することもあります。

それを狙って、利ザヤ稼ぎをするのであれば、多くの種類を扱っている方が、やりやすいとも言えます。

ただし、仮想通貨と仮想通貨を交換した場合でも、利益が出れば課税対象になるので、その点は要注意です。

先にも書いたように、まずは、bitflyerZaifから始めましょう。

 

P.S.

出川がCMしているcoincheckですが、いまだ『みなし取引所』のままで、金融庁の正式な登録業者ではありません。

確かに利用者も多く、取引量も多いのですが、正式な登録業者ではないので、おすすめしません。

万が一、登録されない(あるいは、登録されないという噂が出ただけでも)ということになると、一斉にみんなが引き出すことになり、何が起きるかわからないからです。

って、書いていたら、こういうことも起きましたね・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本の取引所はすべて登録してますか?

日本の仮想通貨取引所で、金融庁に正式に登録されたところは、すべて口座を作っておきましょう。

急激に人気が出てきているので、だんだん手続きに時間がかかるようになってきていることや、急騰や暴落で取引が急増すると、取引できなくなることもあるので、リスクヘッジとして、持っておくことが重要です。

現状の日本の取引所一覧はここをクリック!

2018年が爆上げの限度?

2018年、仮想通貨が爆上げするのは最後になるかも。
だからこそ、情報の差がすべて。
それを全て調べるなんて不可能です。

それを、何を選ぶか、どうトレードするのか、完全自動で任せておくという方法もあります。
そんな方法で増やしたいなら、ここをクリック